【閲覧注意!】この写真をご覧下さい!

こちらは、ヒト幹細胞美容を行った女性がここまで若さを取り戻してしまったという一例です。

 

なんと火傷の後も2日間でここまで再生してしまうんです・・・

 

今、最先端の化粧品といえば、幹細胞培養液を使った化粧品です。

 

幹細胞とは、あらゆる細胞の源となるもの。

 

ノーベル賞に輝いて注目を浴びた「iPS細胞」も、幹細胞のうちのひとつです。

 

ヒト由来の幹細胞を培養すると、ペプチドという、アミノ酸がいくつも結合した成分が得られます。

 

このペプチドは、幹細胞を活発にする働きをするのです。

 

幹細胞が活発になるということは、つまりどんどんと新しい細胞が生まれ出るということ。

 

そう、この幹細胞培養液を化粧品として肌に使用すれば、新しい細胞がどんどん生まれ、肌を再生させることができるのです。

 

*ヒト細胞のおススメ化粧品を知りたいならタップ!

*ヒト細胞の効果について知りたいならそのまま読み進めてください^^

 

化粧品にヒト由来の幹細胞培養液を使用するメリットは何?

幹細胞は大きく分けるとヒト由来植物由来の2種類に分別されます。

 

「ヒト由来幹細胞」は人間の脂肪から抽出したもので、ヒト由来幹細胞培養液には、人間の細胞の受容体と合致する成分が詰まっています。

 

つまり、人間のあらゆる成長を促し、ダメージを受けた部分は修復し、肌の再生を促すのです。

 

それに対して「植物由来幹細胞」は、花や実を生み出す役割が主。潤いを与える効果はありますが、人間の肌そのものを再生する力はありません。

 

ヒトにはヒトの幹細胞、というわけですね。

 

そこで、化粧品にもヒト由来幹細胞培養液を使用したものが登場し、その組織を再生する力が美肌に繋がることで話題となっているのです。

 

幹細胞は、神経や骨髄などから採取されるものもありますが、化粧品の分野では主に脂肪から採取された幹細胞を用います。

 

なぜなら、サイトカインと呼ばれる組織再生を促す成分(つまり、アンチエイジング成分)が脂肪由来幹細胞の培養液にだけ含まれているからです。

 

ですから、ヒトの脂肪由来幹細胞培養液を配合した化粧品は、圧倒的なアンチエイジング力・美肌力を発揮するのです!

 

でも、まだまだこのような化粧品は厚生労働省の認可を受けてから日が浅いため、多くは出回っていないのが現状です。

 

なぜヒト由来幹細胞そのものではなく、幹細胞培養液を使用するの?

幹細胞がそんなにすごい力を持っているなら幹細胞そのものを化粧品に入れれば良いのに、と思った人もいるでしょう。

 

しかし、まだ幹細胞そのものを配合した化粧品は安全性が確立されていないのです。

 

仮に幹細胞そのものを使用するとなると、高温で加熱処理をして減菌しなければなりません。

 

そうすると組織再生に必要なたんぱく質が破壊されてしまい、幹細胞を使用する意味が無くなってしまいます。

 

そこで、加熱処理しなくても安全な幹細胞培養液を使用しているのです。

 

幹細胞そのものでなく幹細胞培養液であっても、前述のとおり組織再生に必要な成分がたくさん詰まっているのです。

 

化粧品にヒト由来の幹細胞培養液を使用するデメリットは何?

良いことずくめに思えるヒト由来幹細胞培養液配合の化粧品ですが、デメリットはあるのでしょうか。

 

効果がずば抜けて高い分、不安になってしまいますよね。

 

デメリットと思われる点を挙げてみましょう。

 

デメリット➀:他の化粧品に比べて高価格なこと

私たち消費者が幹細胞配合化粧品を使う上で最も大きなハードルとなるのが、その価格の高さでしょう。

 

幹細胞配合化粧品の中でも、今までご説明してきたヒト由来幹細胞を使用したものが最も高価格になります。

 

どれくらいの金額なのか、日本製の美容液を例にとると、だいたい10gで4万円を超えるぐらいです。

 

10gというのは、約1~2週間分ぐらいでしょうか。

 

よく「お試し」という形でパックされている美容液が大抵10g~20gぐらいです。

 

それを考えると、とても高価なことが分かりますね。

 

幹細胞配合美容液はそれだけの容量(短期間)で高い効果を出すことができるのも事実なのですが、さすがに朝夕毎日欠かさずこの美容液を使用する、というのは経済的に難しい人がほとんどですよね。

 

ちなみにヒト由来幹細胞培養液ではなく、植物由来幹細胞培養液を使用した化粧品であれば、価格はぐっと下がります。

 

まずは幹細胞化粧品を気軽に試してみたい、というのであれば、ヒト由来にこだわらないというのもひとつの方法ですね。

 

デメリット②:ヒト由来幹細胞の実情はまだはっきり解き明かされていないこと

ヒト由来幹細胞の安全性についての研究過程で、以下のような発表がされています。

 

元となっているiPS細胞が作成された経緯は企業秘密であるため公表されず、分化誘導法も一定ではなく、分化後の培養条件に至っても確かなことが分からない。

 

薬理実験の方法や使用薬物も一定ではなく、各実験結果を比較検証するのは極めて難しい。

 

よって、確実に毒性試験や薬理試験にまで研究を進められるだけの特性を持った細胞であるのかどうかは判断がつかなかった

 

難しいですが、要はヒト由来幹細胞の実情がはっきり解き明かされていない、ということですね。

 

ヒト由来幹細胞が使用されるのは、もちろん化粧品などの美容分野のみではありません。

 

これは再生医療などの幅広い分野でかかわってくる問題なのです。

 

これが、ヒト由来幹細胞培養液を使用した化粧品を使う上で、「高価格」に次ぐハードルとなると思われます。

 

ヒト由来幹細胞培養液を使用した化粧品は、ずばり危険なのか、安全なのか?

化粧品分野では、先に述べたようにヒト由来幹細胞そのものではなく、培養液のみを使用しているので、安全性は高いといえます。

 

幹細胞そのものを配合するには加熱減菌処理をしなければならないと述べましたが、実は加熱減菌処理をしたとしても、幹細胞そのものを配合した化粧品を作って売り出すことは認められていません。

 

何故かというと、幹細胞を人体に着床させた場合、癌になったり、アレルギーを起こしたりする危険があるからです。

 

上で示した研究発表でも分かるように、ヒト由来幹細胞の実情が解明されていないという事実がある以上、商品として売り出すには安全対策を万全に行わなくてはならないのです。

 

デメリット③:倫理的に、人間の体から採取するということについて様々な意見があること

人はそれぞれ、違った価値観を持って生きています。

 

ヒト由来幹細胞は提供者の体から取り出されるものであることから、倫理的に賛成・反対の両意見があるのです。

 

例えばクローンに関してもそうですね。

 

1996年にクローンの羊が産まれた際、人工的に生命を作り出すことは倫理に反しているという意見が出て問題となったのをご存知の方は多いと思います。

 

今回の幹細胞化粧品を生み出す過程も、人間の体から取り出した細胞を人工的に操作して新しい細胞を生み出していくという意味で、倫理的反対意見が出ているのです。

 

これは科学の進歩には欠かせない論争なのかもしれません。

 

細胞に働きかけて肌を若返らせるという化粧品は今までになく画期的なもので、高い効果が得られることも解っています。

 

これをメリットと捉える人も当然多いわけです。

 

メリットと見るか、デメリットと見るかは人それぞれ。

 

この論争は、効果の高い化粧品を作り出す科学が大きな進歩を遂げている証拠とも言えるでしょう。

 

プラセンタも同様の論争を経ていた!

今、大人気の美容液のひとつにプラセンタがありますね。

 

肌のハリ・つやを復活させる、アンチエイジング効果があるとして、様々なプラセンタ商品が広く販売されています。

 

プラセンタは、哺乳類の胎盤から採取できるエキスです。

 

赤ちゃんが母親のお腹の中で成長できるのは、胎盤から来る栄養のおかげ。

 

ですから胎盤は栄養の宝庫なのです。

 

そんな胎盤を人工的に操作して化粧品を作るということに、当初は倫理的反対意見が相次ぎました。

 

最も、現在は豚か馬の胎盤から採ったプラセンタだけが化粧品に加工されていますが、最初は人間の胎盤を使用したものも存在しました。

 

そんなことも、倫理論争を一層激しいものにしていたのでしょうね。

 

その論争を経て、今現在プラセンタは誰でも使用できる一般的な化粧品となっています。

 

化粧品の分野だけでなく、プラセンタの優れた特性は医療の分野でも積極的に使用されるようになりました。

 

主に腎臓や肝臓の機能を向上させる薬に加工され、広く使われているのです。

 

このようなプラセンタの歴史は、ヒト由来幹細胞の今後を示唆しているようにも思えます。

 

今後様々な論争や研究を重ね、ヒト由来幹細胞も、将来はごく普通の化粧品の成分として一般に広まって行くのではないでしょうか。

 

ヒト幹細胞化粧品ランキング!美容液・ジェル・化粧水

再生医療で大注目の「ヒト幹細胞」を取り入れたスキンケア商品をランキングでまとめてみました!

 

1位 J.CELL(ジェイセル) ファーストジェル

JCELL(ジェイセル)ファーストジェル公式サイトをチェックする!

特徴

日本人向けの美容ジェルとしてダントツの人気!
ヒト幹細胞培養液×海洋深層水×天然ハーブという魅力満載の3種を採用!

日本の国立大学で採取された脂肪組織。付属の再生医療研究センターにて脂肪組織由来幹細胞を単離させ培養に成功!培養から抽出した高品質の培養液を使った美容ジェルです。

魅力その1:久米島海洋深層水をベースに!

水溶性の美容液にするのが幹細胞培養液の特性上でベストだという結論に至り作られたのが、ジェイセルです。そんなジェイセルのベースとなる水に採用されたのは「久米島海洋深層水」。久米島の沖合い2.3km・水深612m から組み上げられた特別なもので、ミネラルが豊富な上に雑菌が少ないという特徴があります。

魅力その2:久米島の工場で独自性法

J.CELLを作っているのは、海洋深層水を組み上げている久米島の工場です。久米島にある生産工場はGMP基準をクリアした万全の体制が整っており、隣には沖縄県海洋深層水研究所が建っています。この研究所で組み上げられた水を外気にさらすことなくパイプラインで送っているため、ベースとなる深層水の取り扱いも徹底されています。

魅力その3:天然ハーブは軽井沢産!高機能成分を採用

日本人のヒト幹細胞培養液にを採用しただけでなく、天然ハーブエキスも配合したジェイセル。天然ハーブは標高約1,100mの軽井沢・浅間山南麓にあるハーブファーム産です。なんと5,000坪もの広大な敷地で、無農薬・有機肥料で栽培され、土作りにもこだわり抜かれた高品質ハーブなんです。
さらに高機能成分として整肌作用を持つ「加水分解コラーゲン」や「水溶性プロテオグリカン」も採用しています。最新の技術と人のお肌への効果を発揮するものが厳選されています。

口コミ情報
悪い口コミ
  • しっとり感に物足りなさを感じた
  • 即効性は感じられなかった
  • 副作用の点で心配
良い口コミ
  • 毛穴の引き締め効果を感じた
  • 肌にハリや弾力が出てきた
  • 香りが優しく上品で素敵
効果
  1. お肌にハリが出てきた
  2. 毛穴の引き締め効果
  3. お肌のリフトアップ効果
成分

水・BG・グリセリン・ソルビトール・PEG-60水添ヒマシ油・ペンチレングリコール・ヒト脂肪細胞順化培養液エキス・水溶性プロテオグリカン・プエラリアミリフィカ根エキス・酢・リンゴ果実エキス・カミツレ花/葉エキス・ハチミツ・ベントナイト・ナットウガム・加水分解コラーゲン・グリチルリチン酸2K・ツルレイシ果実エキス・マグワ根皮エキス・オタネニンジン根エキス・サッカロミセスセレビシアエエキス・ローヤルゼリーエキス・アロエベラ葉エキス・クズ根エキス・クロレラエキス・オリーブ葉エキス・褐藻エキス・カンゾウ根エキス・PCA-Na・カラギーナン・キサンタンガム・ケイ酸(Li/Mg/Na)・アラントイン・イノシトール・アミノカプロン酸・コメヌカスフィンゴ糖脂質・水添レシチン・リゾレシチン・スクワラン・シリカ・シアノコバラミン・炭酸Ca・ノバラ油・ニオイテンジクアオイ花油・ヒノキ油・香料(フランキンセンス)・ノバラエキス・ローマカミツレ花油・マンダリンオレンジ果皮油・ラベンダー油・ニガリ・海塩・フェノキシエタノール

①ヒト幹細胞の作用UP

近年は「幹細胞」としてiPS細胞やES細胞が話題になっていますね。

そもそも人のお肌にある細胞ということで、お肌への馴染みは抜群です。健やかなお肌に欠かせない成分でもありますので効果も確かです。

J.CELL ファーストジェルで採用されている「脂肪由来幹細胞」はかなり希少価値のあるもの!脂肪組織からたった1%しか採れないものなんです。

最近はチラホラと「幹細胞コスメ」が登場し始めましたが、幹細胞をどのように採取しているのか・どのような施設で培養されているのかが不明なものもあります。その点、J.CELLは全ての経緯を明かしています。脂肪組織の採取は国立大学で行い、培養は付属の再生医療研究センターで行われています。日本でも生産過程がかなり明らかにされている美容ジェルなんです。

②海洋深層水

ベースとして採用された久米島で組み上げられた海洋深層水。これは胎児を包む羊水に似たものとして注目されています。

80種類を超えるミネラルを含み、雑菌が少ないために体に優しく浸透します。

③天然ハーブ

天然ハーブは軽井沢産!契約ファームで無農薬・有機肥料で育てられた上質なものを採用。

 

JCELL(ジェイセル)ファーストジェル公式サイトをチェックする!

もっと詳しくJCELLについて知りたい

2位 シグナリフト

シグナリフトの公式サイトをチェックする!

特徴

アンチエイジング美容液として人気の「シグナリフト」。シワたるみといった加齢と共に現れるお肌トラブルに有効だと話題になっています。

 

再生医療センターが研究・開発して誕生した美容液です。肌細胞を生成してハリ潤いのあるお肌へと生まれ変わらせる働きをします。

 

シワたるみだけでなく、シミ改善にも効果を発揮し、お肌の目立つくすみの解消にも有効なので、美白効果が期待できる高機能美容液なんです。

口コミ
悪い口コミ
  • 使い方がごちゃごちゃしている
  • 潤いが物足りなかった
  • ケアするのに手間暇がかかるので面倒
  • シワシミニキビ跡の改善効果が出なかった
良い口コミ
  • シグナリフトでケアするだけで3つの役割!「ブースター・化粧水・美容液」ケアができました
  • お肌にハリが出てきました。シワたるみも改善されました
  • くすみが薄くなった
  • 保湿力に大満足
  • かぶれなどの赤みも薄くなりました
  • スルスルと伸びてベタベタしない使い心地で気持ちよかった

 

効果
保湿効果

シグナリフトに配合荒れているヒアルロン酸セラミドプロテオグリカンが高い保湿効果を発揮しますので、お肌の潤いがアップします。

お肌のハリが出てくる

シグナリフトでケアすることで、シグナペプチドグロスファクターが働いて体内でコラーゲン生成が促されます。浸透性ビタミンAPPSといった成分が角質層に浸透するように微粒子化したコラーゲンも取り入れられており、体内だけでなく体外からもプラスできるようになっています。

ターンオーバーを整える

シグナリフトに配合されているシグナペプチドグロスファクターが細胞生成をサポートします。ターンオーバーを整えてくれるプロテオグリカンもたっぷり含まれています。

アンチエイジング効果

肌細胞生成の周期に着目して作られたシグナリフト。肌細胞生成のサポート作用を持つシグナペプチドグロスファクターという成分を含んでいます。

 

成分

水、プロパンジオール、ペンチレングリコール、チレッタセンブリエキス、ヘキサペプチド-33、スフィンゴミエリン、オリゴペプチド-24、オリゴペプチド-34、オリゴペプチド-41、デカペプチド-4、カプロオイルテトラペプチド-3、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、カルボキシメチルヒアルロン酸Na、水溶性プロテオグリカン【乳化剤】、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、ヒメコウジ葉エキス【芳香性エキス】、水添ホスファチジルコリン【乳化剤】、フィトステロールズ、セラミドNP、フラーレン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、シア脂、カプリル酸グリセリル、グリセリン、キシリトール、デキストラン【親水性増粘剤、結合剤】、マルトデキストリン【吸着剤、結合剤】、キサンタンガム、BG、PVP、カルボマー、水酸化K

 

シグナペプチドが美容成分の働きをサポート
  • セラミド

角質層に含まれる水分を維持することで保湿効果アップ

  • コラーゲン

細胞と細胞を結合させ、お肌のハリや弾力を維持する

  • KGF

角化表皮細胞といったお肌の表側を整えることで、美肌を目指せる

お肌のハリや保湿、美肌に欠かせない働きをするのがシグナペプチドなんですね。

  • グロースファクター

『細胞再生因子』であるグロースファクターをなんと5種類も含んでいます。
人のお肌がそもそも持っている再生力を高めてくれるのがグロースファクターです。

 

保湿と美肌の成分
  • VC誘導体

ビタミンC誘導体は高い美白効果を持つ成分として知られていますが、他にも新陳代謝アップ、皮脂の分泌を調整し、コラーゲンの生成も促します。

  • SOD酵素

もともと人の体に存在している酵素で、老化を早める『活性酸素』に対抗する力を持っています。

  • ヒアルロン酸

潤いをプラスしてくれることで有名なヒアルロン酸。肌の真皮部分で機能が低下したコラーゲンをサポートしてくれます。

  • フラーレン

高い抗酸化力を持つ成分で、活性酵素除去作用も持っています。

  • プロテオグリカン

最近話題になっている美容成分の1つ『プロテオグリカン』。高い保水性をもたらすことから乾燥肌の改善や、乾燥が原因でできるシミやシワ、くすみにも作用します。

シグナリフトに含まれている成分はどれも豪華で、加齢によるお肌の悩みや乾燥肌の改善効果を与えてくれます。

 

シグナリフトの公式サイトをチェックする!

もっと詳しくシグナリフトについて知りたい

3位 VINUS(ヴァイナス)

VINUS(ヴァイナス)公式サイトをチェックする!

特徴

美容液の中でも「ヒト幹細胞培養液エキス」と「バージンプラセンタエキス」の効果が高いと話題になっているヴァイナス。

幹細胞はここ数年で美容成分として大注目となっており、高い再生力をもたらすとして美肌やアンチエイジングといった美容面で大人気となっています。

プラセンタもエイジングケアに高い効果を発揮する美容成分として定番となっています。けれどもヴァイナスのバー人プラセンタは、プラセンタの中でも上質で高品質!

ヴァイナスに採用されているプラセンタは、豊富な種類のハーブを食べて放牧されて育った馬から抽出されたプラセンタを採用しています。さらに抽出方法も独自のもので、熱加工や化学処理を使っていません。ぎゅっと濃縮された美容成分を含んだプラセンタを採用しています。

豪華で在宅な美容成分にこだわって採用しているのも魅力であり、なおかつ無添加という魅力も加わっています。

口コミ
悪い口コミ
・量が少なくて物足りない
オールインワン美容液に分類されるVINUS(ヴァイナス)。ほんの数滴で抜群に伸びるのですが容量がたった30mlなので、少量ずつ使わなければ早く使い切ってしまいます。
・本当にオールインワンなの?
化粧水も乳液も美容液も1ケアでできちゃう便利なオールインワン化粧品。けれどもオールインワン美容液というのは、これひとつで十分ですという意味の美容液なので、オールインワン化粧水とは厳密に言うと異なります。ヴァイナスはオールインワン化粧品ではなく、オールインワン美容液と言う形なので、いつもの化粧水や乳液にプラスすると言う使い方をする美容液になります。私はオールインワン化粧水ではと勘違いしていたので、一時期はヴァイナスだけ使っていました。
・まあまあな使い心地
お試し感覚でVINUS(ヴァイナス)を購入しました。いつも使っていた美容液の代わりにヴァイナスを使い始めたのですが、かもなく不可もなくといった感想ですね。普通の美容液よりはヴァイナスの方がいいかな〜くらい。
良い口コミ
・凄い美容液に出会った!
VINUS(ヴァイナス)の最初のイメージは、高級化粧品なんだろうな・・・と言うもの。でもお試しコースがたったの980円と言うことで思い切って購入。小さな小瓶で容量が少ないので驚きました。フタについているスポイトで数滴取り出すので、細かな量を調整できるのは便利だと思いました。使い始めて1ヶ月後には、お肌がだいぶ調子が良くなりましたね。毛穴が目立たなくなったと思います。
・潤いキープ
次の日には乾燥しちゃう美容液を使っていたので、追加の保湿スキンケアが欠かせませんデイ本気度た。VINUS(ヴァイナス)を試しに使ってみたらあっという間にお肌が潤ってきたので、化粧水の浸透もぐっと良くなったと思います。
・今まで使った中で最高!
オールインワンジェルが大人気ということでシフトする人も多いようですが、私はオールインワン美容液を使うのは初めてでした。使い心地は他の美容液とさほど変わらない気がしますが、使い始めてからシワが薄くなったのが分かりました!効果が出てきてから思ったのですが、お肌がしっかり保湿されているんでしょうね!効果が実感できて嬉しいです。
・使い始めて潤いがプラスされたのがわかった
美容液をVINUS(ヴァイナス)に切り替えてみました。お値段がネックだったのですが、お試し価格980円に魅かれて購入!パッケージが上品でいいですね。使い始めて他の美容液と使い心地は一緒だなと思いましたが、翌日には化粧水がぐんぐん浸透して行くのが分かりました!お肌の奥までしっかり浸透しているみたいで、お肌にもハリや弾力が出てきましたよ。
・敏感肌でも使えました!
もともと敏感肌なのでスキンケア選びは慎重になってでもいます。VINUS(ヴァイナス)を購入するときにもものすごく不安でしたが、刺激や不快感を感じることなく使えて安心しました。さらに効果も出てきて、毛穴の引き締め効果とお肌の弾力アップが実感できています。多分、シワも薄くなってきてます。
効果
再生医療でも注目されてる成分を採用

ヒトが持つ幹細胞から抽出されたエキスを採用し、酵素や成長因子、ペプチドもプラスされています。

ヒトのお肌がもともと持っている回復力や保護機能を高め、さらにヒアルロン酸やコラーゲン生成を促すことにも繋がります。

成分

水、プラセンタエキス、BG、 グリセリン、ベンチレングリコール、ヒト幹細胞順化培養液エキス、イソヘキサデカン、イソステアリン酸ソルビタン、コポリマー、ポリソルベート60、1-ヘキサンジオール、カルボマー、グレープフルーツ種子抽出エキス

バージンプラセンタエキス

プラセンタはアミノ酸が豊富に含まれているので高い保湿力をもたらし、成長因子が細胞分裂も促します。メラニン生成も抑制する働きを持つので、抗酸化作用や美白効果にも繋がります。最高の環境で豊富なハーブを食べて育てられた放牧馬のプラセンタを採用することで、豪華な美容成分を実現しており、独自の抽出方法を取り入れて熱処理や化学処理をしていないことも、濃縮した美容液配合の一端となっています。

ヒト幹細胞とプラセンタが最大の特徴!

浸透力が高いため、お肌の奥深くにまで浸透し、お肌の症状改善を働きかけます。

さらに以下のような効果も期待されます。

  • 慢性的な乾燥肌
  • 年齢毛穴
  • シワ
  • 敏感肌
  • ハリ
  • シミ、色ムラ

 

VINUS(ヴァイナス)の公式サイトをチェックする!

もっと詳しくVINUS(ヴァイナス)について知りたい

 

4位 hitoyurai(ヒトユライ)

hitoyurai(ヒトユライ)公式サイトをチェックする!

特徴

HITOYURAI+30が実現したのは、本物のエイジングケアです。他の美容化粧品では到底真似できないような抜群の浸透力を持っています。

最先端の技術、CDS浸透技術とナノカプセル技術を採用し、お肌の奥まで浸透する仕組みを確立させました。

 

CDS浸透技術

より高い浸透率を実現させたのが、ナノ技術。なの技術にも2種類の特徴があります。
・ナノ化→極小化で浸透しやすい
・リポソーム化→細胞へと誘導し入りやすくする
ナノ粒子をカプセル化させ、皮膚となじみやすいリポソーム化させることで皮膚の保護を担う角質へとスムーズに浸透していくことで、より有効成分の働きをサポートします。

ナノカプセル技術

リポソームの基本構造は「脂質二分子膜」です。疎水基とリン脂質(疎水基を持つレシチン)が横並びになって向かい合って二層に並んでいます。
さらに円形に並べば球状になり、その内側へと成分を包ませるのがリポソームの技術。

シンプルに説明しますと・・・成分がより深くまで浸透するように、小さくして浸透率をあげた、ということです。これを実現したのがHITOYURAI+30最大の特徴といえます。

口コミ

悪い口コミ
  • 効果の時間は個人差がある
  • 効果がはっきりとしなかった
  • 価格がネック
良い口コミ
  • シミやシワが薄くなったり改善した
  • しっとりお肌になってメイクのノリが抜群!
  • 肌のくすみが薄くなった
効果

抜群の効果を発揮すると話題になていて、お肌のハリや潤い効果に定評があります。

「新世代CDSパプチド」という成分がお肌のハリUPを実現!

コラーゲンの働きを促してお肌に針を与えてくれます。

カプリロイヤルジペプチド-17」という最新の機能性成分も、タンパク質を構成してくれます。お肌のハリUPに大きな役割を果たします。

天然成分「アルジレリン」もハリ不足改善には必須!

ハリ不足を感じる女性たちのために導入され、スペインの美容外科で大人気になっています。

ハリ対策・ハリ改善には抜群の効果を発揮してくれるんです。

さらにお肌の潤いUP効果も大いに期待できます。

潤いUPに大きな効果を発揮するのが「黄金まゆエキスバーシカン」です

あまり聞いたことがないでしょうが、効果に関しては無問題!

黄金のまゆから抽出されたもので、お肌の生成に欠かせないタンパク質である美容成分です。

年齢とともに再生力や修復力が衰えたお肌に潤いをプラスし、元気なお肌に変えてくれる成分として活躍します。

元気を失ったお肌の回復効果が大いに期待できる成分ばかりが配合されています。

成分

水、BG、グリセリン、スクワラン(オリーブオイル由来)、メドウフォーム油、アルブチン、アセチルヘキサペプチド-8、カプリロイルジペプチド-17、グリシン、アデノシン、ヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸アスコルビルプロピル、水添レシチン、酢酸トコフェロール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、カプリリルグリコール、オウゴン根エキス、ボタンエキス、カイコまゆエキス、キサンタンガム、グリチルリチン酸2K、クエン酸Na、クエン酸、ノバラ油、アデニン、アラニン、アルギニン、アスパラギン、アスパラギン酸、ビオチン、塩化Ca、パントテン酸Ca、塩化コリン、硫酸銅、シアノコバラミン、システインHCl、シスチン、リン酸2Na、硫酸第一鉄、葉酸、グルコース、グルタミン酸、グルタミン、グルタチオン、グリシン、ヒスチジン、ヒスチジンHCl、ヒドロキシプロリン、イノシトール、イソロイシン、ロイシン、リノール酸、リノレン酸、リシンHCl、塩化Mg、硫酸Mg、硫酸マンガン、メチオニン、ナイアシンアミド、PABA、フェニルアラニン、塩化K、プロリン、ピリドキシンHCl、リボフラビン、セリン、酢酸Na、炭酸水素Na、塩化Na、メタケイ酸Na、リン酸Na、ピルビン酸Na、チアミンHCl、トレオニン、チミジン、トリプトファン、チロシン、バリン、硫酸亜鉛、コラーゲン、ヒアルロン酸、EGF、FGF-2、VEGF、TGF-β1、エオタキシン、Flt-3リガンド、フラクタルカイン、G-CSF、GM-CSF、GRO、IFNr、IL-1a、IL-1b、IL-2、IL-3、IL-4、IL-5、IL-6、IL-7、IL-8、IL-12(p40)、IL-12(p70)、IL-15、IL-17、IP-10、MCP-1、MCP-3、MDC、MIP-1b、PDGF-AA、ランテス、sCD40L、sIL-2Ra、1,2-ヘキサンジオール、ポリソルベート80、セスキオレイン酸ソルビタン、フェノキシエタノール、PEG-40水添ヒマシ油

エステサロンでも注目されている厳選成分ばかりが勢ぞろいしています!

幹細胞培養液

美容業界や再生医療からも大注目となっている幹細胞培養液!スキンケアで取り入れるだけでお肌にハリや弾力が戻ってくるのです。

抜群の浸透力でお肌の肌の奥まで到達し、お肌に透明感をもたらします。高級で豪華な美容液を厳選した幹細胞培養液だからこそ、美容業界のプロモ大絶賛となっています。

アルブチン

HITOYURAI+30には多くのシリーズや商品が登場してますが、全ての商品にアルブチンが採用され、お肌への潤いをプラスしてくれます。

日焼けのダメージで焼けて硬くなったお肌、ダメージで傷ついたお肌を優しく保湿ケアし、お肌の持つバリア機能も修復する働きがあります。美容外科では美肌効果にも期待が持たれ取り入れられている成分です。メラニン生成抑制作用も持つことから、シミやくすみの予防や改善にも繋がります。

バーシカン

黄金の繭から抽出させる、お肌にハリをプラスさせる美容成分・バーシカン。

お肌の生成に欠かせないタンパク質であり、大人になるとほとんど体内で生成されないものなので、スキンケアのためにも摂取すべき成分の一つでもあります。

hitoyurai(ヒトユライ)公式サイトをチェックする!

hitoyurai(ヒトユライ)についてもっと知りたいならコチラ!



★最強幹細胞コスメセット!★